BLOG

ご成約いただきましたお車の点検中に警告ランプが点灯していた為

故障診断、

高圧ポンプに異常がある事がわかり交換となりました。

走行中にメーター内の警告ランプが点灯すると、ドキッとすると共に恐怖心をあおられますよね

とくに体感できるトラブルは交通アクシデントの危険性もあるだけに、早急な対応・修理が必要です。

そう言った場合は焦らずに対応しましょう(^^♪(って言っても私はアタフタします(´;ω;`))

↓こちらが高圧ポンプです。

 

入庫してきたお車はBMW 335 E92 Mスポーツです。

 

最近のクルマはプラスチックのカバーで覆われているエンジンが多いので、サクサクッとカバー類を外して高圧燃料ポンプが見える位置までアクセスしてパーツをバラしていきます。

事前に燃料ホースをはじめ、周辺配管の漏れや割れをチェックしましたが、こちらはとくに問題なしでした。

 

新品高圧燃料ポンプを元の位置に取り付けて、周辺の補器類を装着すれば交換作業は終了になります。

石川県にお住いのO様、この度は車屋が数多くある中で、当社を選んでいただきご誠にありがとうございました。

今後とも全力でサポートさせていただきます。末永く宜しくお願い致します。(*’ω’*)