BLOG

今回は走行不能と言いますか、足回りから煙が出た。とのお話しでご来店されましたチェロキーXJ。

パッと見て問題なさそうなのですが、煙が出たという事なので慎重に点検していきます。

箇所はフロントの右部分との事でしたので、もしかしたらって思いタイヤを外すと、、

やはり

原因はブレーキキャリパーの固着によるものでした!

これは経年劣化によるもので、よくある事。

ブレーキペダルを踏むと、ブレーキキャリパーの油圧ピストンが押し出され、ブレーキペダルを放すとよじれたゴムが元に戻ろうとして、ピストンを元の位置に戻します。ピストンなどに汚れやサビなどが付着すると、ゴム(ピストンシール)の動きが鈍くなったり、最悪の場合は、よじれたまま元に戻らずピストンが出っぱなしで、常にブレーキパッドがブレーキローターに押し付けられた状態になってしまいます。このような状態をブレーキキャリパーの固着と言います。ブレーキキャリパーの固着を放置すると、走行中にブレーキがかかりっぱなしの状態となり、かなり高熱になることもあるため煙が出てきたっというわけです。

今回はオーバーホールをして作業完了となりました(^^)

ありがとうございました。

 

 

 

SSS.corporation

輸入車の販売・買取・修理・整備・車検・板金・カスタム・保険
(北陸 石川県・富山県・福井県・金沢)

取扱車種

(ベンツ・BMW・アウディ・ワーゲン・ポルシェ・ランボルギーニ・フェラーリ・マセラティ等)

インスタグラムはこちら↓

https://www.instagram.com/sss.corporation/

~極芸~

カーディテーリング業(XPELディーラー)

プロテクションフィルム・カーラッピング・コーティング・ウィンドウフィルム・クリーニング

HP:https://kyokugei.ssscorporation.jp/